人気を集め始めているエコカー

昨今は、エコカーに分類される自動車の人気が高まりつつあるのではないかと考えられています。環境に意識したタイプの自動車を購入しようとする人が多く存在しており、人気を博す車のジャンルとして台頭しつつあるのではないかと思います。こうした傾向は、特に自動車の普及の進行する国や地域で確認されるものとなっているため、車の全体的な人気に関する傾向にも、変化が与えられてきていると言えるでしょう。
この数年は、多くの自動車メーカーが挙って環境に配慮された車を作るようになり、この傾向が鮮明なものとして出てきています。また、車を新たに購入したり、既存の車から買い換えようとしたりする人も、このようなエコカーを選択肢に入れる例が飛躍的に増加していると推測されています。ハイブリッドカーや水素で走行する自動車など、エコカーの種類も豊富に揃うようになってきていると考えられていることから、こうした傾向が鮮明になってきているのではないかと思います。
エコカーに関しては、これからも多くの地域において普及が進行するとみられており、これまで以上に高い水準の人気を得ることも次第に実現されるようになるのではないでしょうか。また、これまでになかった形式のエコカーも次々に自動車の市場に投入されていくと考えられており、一層強い関心が向けられると予測されています。エコカーの普及が進み、環境を意識した車が普遍的に用いられるようになるのではないかと期待が寄せられています。
車の買取相場を調べてみた

これから販売される燃料電池車とは

先日、日本の自動車メーカーが初めて民間一般販売向けに燃料電池車を販売することを発表しました。

この燃料電池車とはどんなものか。
燃料電池車とは、水素などを動力として走る自動車ですが、ガソリンを直接燃料としてエンジンで燃焼させ駆動させるガソリンエンジン車と比較して、燃料電池車は水素などを直接燃焼させるのではなく、この水素を化学反応させることにより電気を取り出します。この取り出した電力は充電池に溜め込み、この溜め込んだ電気を使用し電気モーターで自動車を走らせる仕組みとなっています。
電池に溜め込んだ後の動作は、現在既に販売されている電気自動車と似たものとなっておりますが、電気自動車との最大の違いは充電です。一度充電した電気を使いきった後は再度満充電するまでに多くの時間が掛かる電気自動車と比較して、水素を水素スタンド充填すればまたすぐ走り出せる(充填時間はガソリンスタンドでガソリンを入れるのと大きく変わりません)のがメリットです。更に既に充電池が搭載されているので、水素だけでなく電気を直接外部から充電するプラグインハイブリッドのような仕組みにすることも比較的容易に出来ます。

そして燃料電池の最大の特色は環境性能です。今までの排気ガスの出るガソリン/ディーゼルエンジン車と比較して燃料電池車が排出するのは水素を化学反応して電気を取り出した際に出るのは水のみ。水のみなので排出しても環境に大きく影響が出ません。

まだまだ水素スタンド(水素ステーション)網の整備や、排出する水に対する極寒冷地での問題等ありますが、環境にいい燃料電池車がこれからもっと普及していくかも知れません。